05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

真鱈の若菜&わかめ風味揚げ

2011.12.05 (Mon)

20111205-1

・真鱈の若菜&わかめ風味揚げ
・隠元 胡麻和え
・南瓜の煮物
・しらすと浅葱入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・山椒昆布
・刻み高菜漬、プチトマト など


師走を迎え、寒さが本格的になってきました。
東京でも先週木~金曜日は最高気温が一桁、一番暑かった頃に比べると30度ほど
低くなったんですね。薄着好きな私も、さすがにレインコートからダウンやウールの
コートに切り替えて、身体を冷やさないよう気をつけています。
先日、近くのユニクロでフリースの部屋着を買い足そうと出掛けたら、平日の昼間
にも拘わらず混雑していてビックリ!
売り場を見回すと、70~80歳ぐらいの『おばあちゃま』達が沢山!お友達同士で
来ているグループが幾つもあって、ワイワイと賑やかなのです。
会話が途切れ途切れに聞こえてくるのですが、どうもお子さんやお孫さんにプレゼ
ントされたユニクロ製品を気に入って着ている1人のおばあちゃまが

 『ここの物は軽くて暖かくて、とってもいいのよ~♪』

と勧めるので、誘発された(笑)お仲間が連れ立って買い物に来ていたようで…
主にインナーや部屋着を選んでいましたが、サイズや色についてお喋りしながら
あれこれ盛り上がって、本当に楽しそうでした。
お年を召してくると、確かに『軽い』と『暖かい』は重要なポイントですものね。
こんな風にユニクロ製品を着ているイケてるおばあちゃま(笑)、皆様の周りにも
意外と多いかもしれません。

今日は真鱈の揚げ物を主菜にしました。
真鱈は丁寧に皮と骨を取り、食べ易い大きさに削ぎ切ります。
(義母は魚の皮が苦手なので取っていますが、大丈夫な方はそのままでも…)
日本酒少々を振って、若菜&わかめのふりかけを両面に塗したら、一晩冷蔵庫で
寝かせて味を馴染ませます。
全体に小麦粉を薄く塗して天ぷら衣にくぐらせ、熱した油でカラッと揚げれば完成
です。

20111205-2

今回は丸美屋から発売されている『混ぜ込みわかめ 若菜』を使いました。
大根の若菜、わかめ、胡麻などが入っており、一晩置くと塩味と旨味がしっかり
魚に染みるので、食べる時の調味料は不要です。
今日は真鱈を使いましたが、真鯛や帆立などでも美味しく出来ますよ~♪
09:41  |  揚げ物が主菜  |  Comment(2)

鰤の竜田揚げ 紅葉麩添え

2011.11.14 (Mon)

20111114-1

・鰤の竜田揚げ 紅葉麩添え
・宝楽ししとうのじゃこ炒め
・蟹入りマカロニサラダ
・卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・椎茸昆布
・刻み胡瓜漬け、プチトマト など


先週金曜日、雨降りだった東京は12月並みの冷え込みとなりました。
比較的穏やかで暖かい日が続いていたので、激しい気温差に体調を崩す方も多い
ようです。皆様、くれぐれもご自愛下さい。
さて、この時期になると色々な製薬会社の風邪薬のCМが盛んに流されるように
なります。
それぞれが人気の女優さんやタレントさんを使い、なるほど…と思わせるような
キャッチフレーズを付けていますよね。
その中で『貴方の風邪は、どこから?』という問いかけをしている風邪薬があり、
幾つかの初期症状に合わせた物を紹介しています。
風邪のひき始めは本当に個人差があるので、皆様も『私は、いつも○○の症状が
最初に出る』というものがあることでしょう。
私は年に一度か二度、『あ、風邪をひいたかも…』と自覚しますが、その時には
必ず鼻の奥がツーンと痛くなり、喉がイガイガとしてくるんですよ。この時点で
早目に薬を飲んで休養を取るようにすれば、たいがいは数日のうちに回復します。
先日、久しぶりにその症状になったので、昼間なるべく横になって休養を取って
いました。幸い、悪化せずに済み、今は少し咳が残っているぐらいです。
私の場合、クラシックの演奏会に出掛ける機会が多いので、コンコン咳込んだり、
何度もくしゃみが出るような症状に悪化させてしまうのが一番困るのです。
それに、風邪薬ってホワ~ンと気持ち良い眠気を誘うじゃないですか?(笑)
楽しみにしていた演奏会が風邪薬を飲んで(ZZZ…夢の中へ…)とならない為に、
風邪をひかないよう、ひいても極力軽く済むよう、これからの季節は体調管理に
必死です。

今日の主菜は鰤の揚げ物です。
鰤は皮と骨を丁寧に取り除いて、食べやすい大きさに切り分けます。
醤油・酒・味醂を同量ずつ合わせたタレに生姜の搾り汁を加え、切り分けた鰤を
漬け込みます。
軽く水気を拭って、片栗粉と上新粉を同量ずつ合わせた衣をギュッと握るように
塗します。
熱した油でカラッと揚げれば出来上がり!
彩りには、素揚げして軽く塩を振った紅葉麩を添えました。

20111114-2

寒くなると、色々な魚が美味しくなって嬉しいですね。
今日は北海道産の天然鰤を使いました。
お刺身や鰤大根の煮物、大根おろしをたっぷり添えた照り焼き、塩焼き…
秋から冬にかけて、度々活躍してくれる食材です。
08:21  |  揚げ物が主菜  |  Comment(2)

帆立の明太子挟み揚げ

2011.10.17 (Mon)

20111017-1

・帆立の明太子挟み揚げ
・隠元 胡麻ゆかり和え
・五菜ひじき煮
・卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・生姜昆布
・晩菊漬、プチトマト など


最近、企業の社員食堂が注目されていますね。情報番組の中で特集を組まれたり、
人気のレシピを書籍化して販売しているところも…
単に空腹を満たす場所ではなく、健康や美容の為に役立ったり、社員同士のコミュ
ニケーションを図る場所になるように、企業が努力しているのを感じます。
社員食堂と同じように、大学の学生食堂も様々な進化を遂げているようで、職員や
学生だけでなく、一般の人達の憩いの場になっている学校もあるのだとか。
企業と違い部外者も入りやすくて値段が手頃、工夫された献立で栄養バランスも
取れているのですから、なかなか良い『お昼処』になるという訳ですね。
私は小・中学校時代が給食で、高校時代はお弁当を持参していました。ですから
大学に上がって学生食堂に行った当初は、(わぁ~!これぞ大学って感じよね!)
とワクワク気分が高揚したのを覚えています。
大きな長いテーブル、学生のお喋りのざわめき、テーブルの上にはお茶が入った
やかんと営業用サイズのドレッシング…(笑)
お腹が空いた時にはボリューム一杯の定食を、急いでいる時はお蕎麦やうどんの
麺類を、ちょっと贅沢な気分の時にはお寿司を奮発したりもして、在学中は本当に
お世話になりました。お寿司が一番高価でしたが、それでも上握りや上ちらしで
450円~500円程度だったでしょうか。
サークルに新入生を勧誘する時期には先輩達からの『まず胃袋を掴め』の教えを
守って学生食堂へ連れて行き、よくご馳走したものでした。お昼を一緒に食べると
距離感が縮まり、その新入生が部室へ顔を出す確率がグッと上がるからです。
この秋は久しぶりに母校の学生食堂に行ってみようかなぁ~♪どんな風に変わり、
どんな所に昔の面影を残しているか、ちょっと探索してみたい気分です。

今日の主菜は帆立の揚げ物です。
帆立に厚みの半分に切り込みを入れ、軽く塩を振って暫く置きます。
切り込んだ部分に解した明太子を挟み、全体に薄く小麦粉を塗します。
細く刻んだ大葉をたっぷり混ぜた天ぷら粉にくぐらせて、熱した油でカラッと揚げ
れば完成です。
今日は人参とピックを『紅葉』にしました。

20111017-2

義母の大好物・帆立を、今日は揚げ物にして…
衣に胡麻や青海苔を混ぜても、美味しく戴けますね。
切り込み部分から、ほんのりピンク色が見えるチラリズム~♪(笑)

20111017-3

書店で見掛け、思わず買ってしまった『TOKYOこだわりの学食』という本。
美味しいだけでなく食材に拘る大学、景色が抜群の大学、歴史のある大学…と、
魅力一杯の学生食堂が載っています。
08:49  |  揚げ物が主菜  |  Comment(5)

真鯵の梅びしお風味揚げ

2011.09.26 (Mon)

20110926-1

・真鯵の梅びしお風味揚げ
・隠元 ピーナッツ和え
・牛蒡と人参のきんぴら
・桜海老と浅葱入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・お多福豆
・赤かぶら漬、プチトマト など


大型台風が通り過ぎた後は、すっかり秋の空気に入れ替わったのでしょう。
ここ数日、とても爽やかで過ごしやすい気候が続いています。
暑い夏の間は鬱陶しくて遠ざけていた掛け布団の温もりが、そろそろ心地良く
感じるようになってきました…(笑)
これから朝晩が肌寒い日も増えてきますね。お風邪を召しませんよう、どうぞ
御自愛下さい。
さて、皆様のご近所の商店街には、昔ながらの『本屋さん』が今も残っている
でしょうか?
チェーン展開をしている大きな書店や、コンビニでの雑誌販売に押され気味な
せいか、以前は商店街に必ずあった小さな本屋さんが少なくなった気がします。
実は先日、義母宅近くの商店街に長くあった本屋さんが、【諸般の事情で…】と
いう貼り紙をして店を閉じました。
最近、その店の前を通る度に主人や息子が

 『棚の上の方がガラガラだ…もしかしたら閉店するかもしれないね…』

と心配していたのですが、それが現実になってしまったという訳です。
家族+親族で経営されている、いかにも街の本屋さんといった温かな雰囲気が
好きで、買い物帰りに寄っては私も買わせて戴いていました。
雨の日も風の日も、寒い日も暑い日も、いつもドアが開いていて気軽に入れた
本屋さん。レジで交わす世間話も楽しかったなぁ…
御主人や奥さん達の、のんびりした

 『は~い、いつも有難うございます~』

という声がもう聞けないと思うと、ちょっぴり寂しい読書の秋になりそうです。


お刺身用に捌かれた新鮮な真鯵があったので、迷わず家族の晩御飯用に購入!
一部を取り分けて、今日は変わり揚げの主菜にしました。
味付けに『梅びしお』(梅肉に食塩や昆布を混ぜ、練り上げて熟成させた物)を
使っています。
ちなみに『ひしお』は熟成調味料の総称で、様々な物を塩と合わせ発酵させた
物のことだとか。この『梅びしお』は、京都のお土産として戴きました。
三枚に下ろしてある真鯵の身に小骨が残っていないかを確認し、あるようなら
ピンセットで丁寧に抜いておきます。
食べやすい大きさに削ぎ切って軽く塩を振り、暫く置いて余分な水分を拭って
から、『梅びしお』を片面に塗り、大葉を巻きます。
全体に軽く小麦粉を振って天ぷら衣にくぐらせ、熱した油でカラッと揚げれば
完成です。
今朝は栗ご飯を炊きました。

20110926-2

昆布の旨味が加わった梅びしおなら酸っぱさが勝たず、美味しい揚げ物になり
ます。
勿論、この梅びしおは、温かいご飯や胡瓜との相性も抜群なんですよ。

20110926-3

京都の料亭【雲月】製…患者さんから、梅びしおと小松昆布のセットで戴きま
した。
茶道具を入れるような木箱に詰められており、ちょっと格調高い感じ!
美味しいお土産に、感謝感謝です。
09:23  |  揚げ物が主菜  |  Comment(5)

ささみの黒胡麻風味揚げ

2011.09.05 (Mon)

20110905-1

・ささみの黒胡麻風味揚げ
・隠元 ゆかり和え
・五菜ひじき煮
・卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・生姜昆布
・刻み高菜漬、プチトマト など


台風12号による記録的な大雨が続き、紀伊半島では土砂崩れや河川の氾濫
など甚大な被害が出ました。
被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

さて、先週火曜日のこと…
主人に頼まれた商品券と和菓子を買いに、新宿のデパートへ出掛けました。
最寄り駅の改札からデパート入り口に繋がるエスカレーターに乗ったところ、
人の気配が殆ど無くて雰囲気がいつもと違うような…

 (あれれっ??) → (あああっ!!) 

そうです、以前ブログの記事で書いた『節電の為の定休日』だということを、
私はすっかり忘れていたのでした!
いや、忘れていたというより、大いなる勘違いをしていたんですね。
というのは、そのデパートの定休日はかつて『水曜日』と決まっていたので、
今回設けられた定休日も当然『水曜日』だろうと思い込んでいたのです。
ところがどっこい、シャッターに貼ってあるカレンダーをよくよく見てみると、
8月の定休日は総て『火曜日』に設定されているじゃあ~りませんか!
勝手な思い込みに苦笑しつつ主人に電話すると、別のデパートでも構わない
とのことだったので、頼まれた買い物は無事に済ませて帰宅しました。
そして、リビングのソファーの上にある朝刊&チラシを片付けながら、また
苦笑…
だって、私は出掛ける前、そのデパートのチラシを取り出したのに、

 (今週の催し物は何かしらね~♪)

と鼻歌混じりに上の方だけを眺め、一番下に書いてある『本日は定休日』の
部分を完全に見落としていたからです。
ここで一句。

 気をつけよう 先入観と 定休日 

大ポカのお粗末な話でございました!

今日の主菜は、ささみの揚げ物です。
ささみは丁寧に筋を取って食べやすい大きさに削ぎ切り、醤油・酒・味醂を
同量ずつ合わせたタレに一晩漬け込みます。
朝、軽く水気を拭ってから全体に小麦粉を薄く塗します。
黒胡麻と刻んだ浅葱を加えた天ぷら衣にくぐらせ、熱した油でカラッと揚げ
れば完成です。

20110905-2

今日は黒胡麻を使いましたが、勿論、白胡麻や金胡麻などお好みの物で…
また、刻んだ紅生姜や搾菜を衣に加えても、変わり揚げが楽しめます。
今朝は松茸ご飯を炊きました。
09:33  |  揚げ物が主菜  |  Comment(2)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。