07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

豚肉の柚子茶風味照り焼き

2012.02.06 (Mon)

20120206-1

・豚肉の柚子茶風味照り焼き
・ほうれん草 胡麻和え
・切干大根の煮物
・青海苔と葱入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・生姜昆布
・赤かぶら漬、プチトマト など


先週の金曜日、夕刊に

 『46都道府県で零下 沖縄以外すべて』

という記事がありました。
この日は昼間の気温が殆ど上がらず、沖縄以外の46都道府県庁所在地の観測
地点で最低気温は零下を記録したのだそうです。
確かに東京でも朝から冷え込みが尋常じゃなかった日…特に寒気や放射冷却の
影響から、長野県の南牧村では何と零下26度を記録したのだとか!
風が吹いていると実際には体感気温が更に低いものになるでしょうから、東京の
気温ぐらいで『寒い』を連発するのは申し訳ないですよね…反省、反省。
マイナス2桁の気温…と聞くと、以前、家族で北海道へ旅行した時に上川アイス
パビリオンで零下41度の厳冬体験をしたことを思い出します。
身体を慣らすため氷のトンネルを通って最初に零下20度の部屋に入ってから、
次に零下41度の部屋へ…そこは氷の壁が白から青に近い色になっているので、
益々寒さが強調されキーンと冷え切った別世界。
想像を絶する寒さですから、この零下41度の部屋では写真を数枚撮るだけで
精一杯でした。
ぎこちない動きになった私達を見たガイドさんが、

 『この部屋に3分間いられたら、北海道に住む資格がありますよ~』

と笑っていましたっけ…
小学5年生だった息子が夏休みの自由研究に旅行記を作っていたので、久々に
出して見たら、借りた防寒着姿の写真の横に『さぶ~っ!』とか『ひぇ~っ!』
という言葉が実感を込めて(笑)銀色のペンで書き添えてありました。
10年以上も前のことですが、あれは貴重な体験だったなぁ…

今日は豚肉の巻き巻き系を主菜にしました。
おべんと仲間のぴゅあおいるさんが、以前、マーマレードを使った照り焼きを
作られたことにヒントを戴き、常備している柚子茶を代わりに使っています。
豚薄切り肉2~3枚を少し重なるように並べて、軽く塩胡椒します。
肉の大きさに合わせた海苔とサッと下茹でして冷ましたアスパラガスを置いて、
端からクルクル巻いたら全体に薄く小麦粉を塗します。
油少々を熱したフライパンで転がしながら火を通し、酒少々を振りかけて蒸し
焼きにした後、ぴゅあおいるさんのレシピに倣って、ほぼ同量ずつの醤油・酒・
味醂・マーマレード代わりの柚子茶を合わせたタレを回しかけます。
鍋を揺すって煮詰めながら、全体にツヤ良く絡めていけば出来上がり!
ぴゅあおいるさん、今回も素敵なアイディアをお借りしました。どうも有難う
ございました!

20120206-2

海苔の2枚使いで、渦巻き模様をクッキリと…♪
甘酸っぱ辛い仕上がりは、ご飯が進む味ですね。

20120206-3

アイスパビリオンで撮った証拠写真…あまりの寒さに顔の筋肉も緊張気味?
後ろに『-41℃』の文字が見えていますね。
ピースサインの手だけ写っているのは、いたずら好きな主人です…(笑)
09:44  |  肉類が主菜  |  Comment(4)

肉団子のハニーチャップ風味

2012.01.16 (Mon)

20120116-1

・肉団子のハニーチャップ風味
・ほうれん草 なめ茸和え
・鳴門金時の柚子茶グラッセ
・桜海老と浅葱入り卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・浅蜊の佃煮
・刻みすぐき漬、プチトマト など


先週の『成人の日』、思わず耳を傾けてしまうようなテーマでメールを募集した
番組がありました。
そのテーマとは

 【あなたが考える大人と子供の境界線とは、何ですか?】

つまり、どんな時に(或いはどんな事で)自分が大人になったなぁ…と感じたか?
というもので、実に様々な答えがリスナーから寄せられて面白かったんですよ。
例えば、お年玉を貰う立場から渡す立場になった時…就寝時間を自分で決められ
るようになった時…財布の中を気にせず好きな物を好きなだけ買えた時…親から
自分専用の印鑑を渡され、責任を持たされた時…
どの答えも『あるある~♪』と頷きながら聴いていましたが、特に『私も!』と大きく
頷いたのは次のような答えでした。

 【渋味や苦味、特徴のある匂いや食感を、美味しい!と感じられた時】

これって、皆様にも結構当てはまるのではないでしょうか?
子供の頃、栄養があるから…とか、身体にいいから…という理由で食べさせられ
てもそれほど美味しいと思わなかったのに、今では大好きになった物ってありま
すよね~。
椎茸の煮物を噛んだ時にジュワッと染み出す出汁、菜の花や春菊のほろ苦さ…
そして秋刀魚の内臓や、たたみいわし、しらす干し、塩辛…等々。
そうそう、タモリさんも以前、何かの番組でこんなことを言っていましたっけ。

 『蕗の煮物を旨い!と感じた時、自分も大人になったなぁ~と思いました』

確かに、これも『あるある~♪』のひとつですね!(笑)

今日の主菜は肉団子です。
いつものように、刻んだ生の玉葱と椎茸をたっぷりと練り込んだハンバーグ種を
取り分け丸め、茹でてから冷凍保存しておきました。
肉団子は前夜のうちに冷蔵庫へ下ろして自然解凍し、朝、軽くレンジで温めます。
ケチャップ・醤油・酒を各大匙1に蜂蜜小匙1、片栗粉少々の割合で作ったタレを
鍋に入れて、熱くなったら肉団子を加えます。
鍋を揺すりながら煮詰め、タレを全体によく絡めれば出来上がりです。
彩りにドライパセリを振りました。

20120116-2

ほんのり甘いハニーチャップ風味で♪
野菜をたっぷり入れた自家製の肉団子は柔らかく義母にも食べ易いので、色々な
味付けで登場させています。
09:44  |  肉類が主菜  |  Comment(5)

牛肉隠元巻の中華風味焼き

2012.01.09 (Mon)

20120109-1

・牛肉隠元巻の中華風味焼き
・菜の花 胡麻和え
・加賀蓮根のきんぴら
・卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・生姜昆布
・晩菊漬、プチトマト など


東京は朝から穏やかな晴天となりました。
今日は『成人の日』ですね。新成人の皆様、おめでとうございます。
夢や希望に向かって、一歩ずつ、着実に歩まれますように…
年明けに乗ったタクシーの運転手さんと、子供時代のお正月の話になりました。
殆どの店が正月休みの中、本屋さんや玩具屋さん、文房具屋さんや駄菓子屋さんは
開いていたので、お年玉の一部を握りしめて駆けつけたこと…
澄んだ空気の中で、女の子達が遊ぶ羽根撞きのカーン♪カーン♪という音が響いて
いたこと…
子供向け雑誌の『新春特大号』の付録に夢中になって、何時間も遊んだこと…
年下の子に双六やカルタで負けると、真剣に悔しがったこと…
始業式が近づいてから、宿題の書き初めを慌ててやったこと…
運転手さんが私より少し年上なぐらいだったので、『まさしく、その通りです!』と一致
する点が多くて、目的地に着くまで大盛り上がりになりました。
ご馳走があって、久しぶりに会う親戚が沢山いて…大人になると年末年始は様々な
支度に追われてしまいますが、子供の頃の『お正月』は本当にワクワクする特別な
数日間だったような気がします…(笑)

今日は牛肉の巻き巻き系を主菜にしました。
牛薄切り肉は広げて軽く塩胡椒し、サッと茹でて冷ました隠元数本を置き、端から
クルクルと巻きます。
全体に薄く小麦粉を塗してから、油少々を熱したフライパンで転がしながら焼いて
いきます。
酒少々を振りかけて蒸し焼きにし、フライパンの中を綺麗に拭き取ってオイスター
ソースと醤油を各大匙1、酒大匙2、蜂蜜小匙2、片栗粉少々を混ぜたタレを回し
かけます。
フライパンを揺すりながら煮詰め、タレを全体によく絡めれば出来上がりです。

20120109-2

今日はオイスターソースを使って、中華風味の主菜に…
菜の花が出回り始めました。ちょっとだけ春を先取り…独特のほろ苦さは、主人の
大好物でもあります。
09:15  |  肉類が主菜  |  Comment(4)

牛肉隠元巻の洋風照り焼き

2011.11.21 (Mon)

20111121-1

・牛肉隠元巻の洋風照り焼き
・アスパラガス 辛子酢味噌和え
・加賀蓮根のきんぴら
・桜海老と浅葱入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・生姜昆布
・晩菊漬、プチトマト など

秋から冬にかけては陸上、特にマラソンや駅伝の競技が盛んに開催されますね。
小学生や中学生の頃、よく冬の体育の授業に取り入れられたのが持久走でした。
吸って吸って、吐いて吐いて…呼吸のリズムを保ちながら淡々と走ってゴールを
目指す…授業が始まる前は北風に震えていた身体が、走り終える頃にはポカポカ
温まり、少し汗ばむぐらいになったことを覚えています。
この持久走の総仕上げとして開催されたのが、全校マラソン大会!
体育の授業では校庭を○周…という感じでしたが、小学生の時のマラソン大会は
校門を出て、学校の周りに作られたルートを走ることになっていました。
スタートから暫くは住宅地なので道が平坦で走りやすく、ご近所の方達の声援に
手を振って応える余裕も…(笑)
やがて、坂を下って神社の近くへ進んでいく頃には『早い人』と『遅い人』の差が
ついて、だんだん皆が無口になってきます。ハッハッ…という息遣いが更に粗く
早くなり、足の疲れや脇腹の痛みを感じ始めて表情が険しくなる頃、タイミング
良く道端に立っている先生達から

 『頑張れ!学校まで、もう少しだぞ!』

と励ましの声。
ここで少し立ち直れるのですが、最後に大きな関門が…
実はゴール目指して戻ってきた学校の裏門は、階段を何段も上がった所にあるの
です!(笑)
この裏門をくぐらなくては、絶対にゴールのテープを切ることが出来ません。
最後の力を振り絞ってヘロヘロしながら階段を上がり、何とかゴールした瞬間の
達成感は、子供ながらになかなかの物でした。
本物のフルマラソンに比べたら笑ってしまうような短い距離だったと思いますが、
冷たい北風が吹く頃になると妙に懐かしく思い出す風景のひとつです。

今日は牛肉の巻き巻き系を主菜にしました。
牛薄切り肉は広げて、軽く塩胡椒します。
サッと茹でて冷ました隠元数本をを置き、端からクルクルと巻きます。
全体に薄く小麦粉を塗して、油少々を熱したフライパンで転がしながら火を通し、
酒少々を振りかけて蒸し焼きにします。
フライパンを綺麗に拭って、酒大匙3と中濃ソース・ケチャップ・粒マスタード
各大匙1の割合で混ぜたタレを回し入れます。
フライパンを揺すりながら煮詰めて、全体によく絡んで照りが出れば完成です。

20111121-2

粒マスタードが入ることで、味がキリッと引き締まりますね。
このタレは肉団子やハンバーグとも相性が良く、お弁当には定期的に登板させて
います。



09:39  |  肉類が主菜  |  Comment(2)

豚肉のピリ辛アスパラ巻き

2011.10.31 (Mon)

20111031-1

・豚肉のピリ辛アスパラ巻き
・ほうれん草 胡麻和え
・南瓜のクリーミィサラダ
・しらすと三つ葉入り卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・浅蜊の佃煮
・刻み柴漬、プチトマト など


朝晩の冷え込みは増しましたが、昼間は心地良い秋風が吹いて『お出掛け日和』に
なっています。
お出掛け…と言うと荷造りして泊りがけで行く旅行ではなく、ちょっとお洒落して
食事や買い物の為にバスや電車で小一時間揺られるという感じですね。
私が生まれ育ったのは神奈川県大和市なので、子供の頃の『お出掛け』と言えば
県庁所在地である横浜が圧倒的に多かったように思います。
実家から電車で30分ほどの大きなデパートの特別食堂で少し緊張してご飯を食べ
たり、少し足を延ばして中華街や海に近い山下公園の辺りを散策したり…
特に元町と呼ばれる場所は商店街の両側にお洒落な店が並んでいて、子供心にも
楽しい『お出掛け』を実感出来る場所でした。
最後に必ず寄る外資系スーパー・ユニオンでは、カラフルな輸入菓子の箱や缶が
並んだ陳列棚をうっとり眺めていたような…(笑)
実はその頃に買ってもらった赤い格子柄のランチボックスが、今でも手元にある
んですよ。
ワンピースにレースの靴下とエナメルの横留め靴を履き、父や母に手を繋がれて
『お出掛け』した日曜日は、私の大切な思い出のひとつです。
皆様も『お出掛け…と言えば、ここだった!』という場所がありましたら、是非
教えて下さいね。

今日の主菜は豚肉の巻き巻き系です。
豚薄切り肉2~3枚を少し重なるように並べて軽く塩胡椒し、海苔を敷いてから
サッと茹でて冷ましたアスパラガスを置いて、端からクルクルと巻きます。
全体に薄く小麦粉を塗して、油少々を熱したフライパンで転がしながら火を通し、
酒少々を振りかけて蒸し焼きにします。
フライパンの中を綺麗に拭い、味噌・味醂・蜂蜜各大匙2とコチュジャン小匙1
の割合で混ぜたタレを回しかけます。
フライパンを揺すりながら全体に絡めるよう煮詰め、照りが出てくれば完成です。

20111031-2

今日は『ハロウィン』ですね。
副菜に南瓜のクリーミィサラダを入れ、主菜にはシールを貼って作ったピックを
挿しました。
海苔は2枚重ねて、コントラストをくっきりと…お菓子をくれないと、目が回っ
ちゃうぞ~♪(笑)

08:39  |  肉類が主菜  |  Comment(4)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。