10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

帆立と桜海老の雛祭り揚げ

2010.03.01 (Mon)

20100301-1

・帆立と桜海老の雛祭り揚げ
・アスパラガス ゆかり和え
・山うどのきんぴら
・卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・胡麻昆布
・花茗荷漬、プチトマト など


今日から3月です。
先週木曜日、関東・四国・中国・九州北部には『春一番』が吹きました。
寒暖を繰り返しながら、ひと雨毎に春めいてくるのが嬉しいですね。
3月と言えば雛祭り…江戸時代、女児の良縁を願って公家の婚礼を模した
男女一対の内裏雛が作られるようになり、それが後に段飾りへと発展して
武家の婚礼道具の1つとして豪華さを競うものになったのだとか。
我が家では、立春になると母が7段飾りの雛人形を出してくれました。
学校へ行っている間に飾り終わっているので、小学校の頃などはお雛様に
早く会いたくて、その日は小走りで帰ったものです。
雛祭りの翌日にしまうまでの1ヶ月間、2階の和室で静かに微笑んでいた
お雛様は、本当に優しくて佳い顔をしていましたっけ…
しまう時に、母が柔らかな和紙をお雛様に被せながら『また来年ね…』と
語りかけていたのは、ごく自然に出た慈しみの言葉なのでしょう。
勿論、このお雛様は私と一緒にお嫁入り(笑)してきました。それ以外にも
両親が一刀彫の小さな段飾りや立ち雛を持たせてくれたので、あの頃の
ワクワクした気持ちを思い出しながら、今年も飾っています。

雛祭りに『貝』を食べるということに因んで、今日は帆立の揚げ物を主菜に
しました。
お刺身用の帆立は粗く刻んでから、包丁の背で滑らかになるように叩いて
おきます。
刻んだ釜揚げ桜海老・浅葱・玉葱を帆立に加えて、酒・塩・片栗粉少々を
振り、よく混ざるように練ります。
食べ易い大きさに整えて全体に薄く小麦粉を塗し、熱した油でカラッと揚げ
れば出来上がり!
帆立や玉葱の白、桜海老の桃色、浅葱の緑色…桃の節句らしい色を揃え、
『雛祭り揚げ』と名付けてみました。
食材の風味に塩味をプラスしてありますが、お好みで醤油を一垂らしして
どうぞ。
桃の花一枝も彩りに添えて、ひと足早い雛祭りを義母にも楽しんでもらえ
たら…と思います。

20100301-2

帆立や桜海老の旨味に、玉葱の甘味を加えて…
浅葱の代わりに、三つ葉や大葉、青海苔を使ってもOKです。
揚げたての熱々を、お酒のアテにしても…(笑)

20100301-3

こちらが一刀彫の立ち雛…
穏やかな顔立ちが、私のお気に入りです。





スポンサーサイト
08:22  |  揚げ物が主菜  |  Comment(7)

Comment

まやりんさん~今週もよろしくですー

もう3月・・お雛様ですねー
今年に入ってから3月までがあっという間だった気もします。
私も小さい頃は実家で7段飾りを両親と一緒に飾り付けていた思い出があります。
母が飾って行く横で、おままごとを始め・・・邪魔していたような・・・
今はなかなか7段を飾る時間の余裕もなく~
小さなお雛さんを飾ってますが(-_-;)

今日も春らしい鮮やかなお弁当ですね~
確かに~揚げたてはお酒が進みそうですね♪
MOMO |  2010.03.01(月) 11:36 | URL |  【編集】

まやりんさん こんにちは~
もう3月ですね
一雨ごとに暖かくなってきますね

ホタテと桜海老の雛祭り揚げ
春らしくてとてもおいしそうですね
旬がいっぱい詰まっていて素敵です
セラ♪ |  2010.03.01(月) 15:46 | URL |  【編集】

まやりんさん、こんにちは~!

雛祭り揚げ☆またまた素晴らしいネーミング!
まやりんさんの帆立の揚げ物のファンとしては、
作らずにいられない感じの美味しいオーラが出ています。
これはメモメモ♪

お雛様、7段どころか内裏雛さえ飾るスペースがありませんっ!(汗)
実家に預けっぱなしになっているお雛様、
いつか大きな家に引っ越して、またちゃんと飾るのが夢です♪
ぴゅあおいる |  2010.03.01(月) 17:28 | URL |  【編集】

今週もコメントをお寄せ戴き、どうも有難うございました!


☆MOMOさん

小さな時は飾るのを眺めていただけだったのが、だんだん大きくなって
くると一緒にやりたくて、私もテンション上がってましたよ!(笑)土台の
段を組み立て終わると、いよいよ!って感じに盛り上がるんですよね♪


☆セラ♪さん

雛祭りらしい雰囲気が出せるよう、帆立と桜海老を組み合わせました!
帆立が大好きな義母が喜んでくれたので、私も嬉しかったです。春の
食材は、香りやほろ苦さがあっていいですよね。暫く楽しみたいです♪


☆ぴゅあおいるさん

今までは明太子や松の葉昆布を入れて作りましたが、釜揚げ桜海老も
あると思いますっ!(←天津・木村?!笑)ぴゅあおいるさんのお雛様は
ご実家で待機なのですね。夢が叶ったら、画像をアップして下さいね!
まやりん |  2010.03.05(金) 15:28 | URL |  【編集】

お雛様のエピソード、前回の記事のご結婚のエピソ-ド
どちらもとっても素敵です~
まやりんさんご夫妻のキューピットは、お母様とお義母様
という気がしてなりません。
きっちり伝統を重んじて行動されるお母様のもとで
お育ちになったまやりんさんをお義母さんは
息子のお嫁さんにって願っていたかのような気がするのです。

まやりんさんのお弁当は日本の四季が感じられる
お弁当ですよね!見習わなくては^^;
クッキー |  2010.03.06(土) 16:16 | URL |  【編集】

まやりんさんこんにちは^^
今週は余裕がなくて今頃のコメントです^_^;
(何度かコメントさせて頂きたいと思いお邪魔はしていたのですが…)

雛祭り揚げのネーミングとっても素敵☆
確かにこの色の組み合わせは雛祭りらしいですものね^^
この雛祭りらしい揚げ物の入ったお弁当に桃のお花の一枝を添える
まやりんさんらしい優しい心遣いですね☆
きっとお義母様もこのお弁当で雛祭りを感じ楽しまれたことでしょう^^

まやりんさんはお雛様を3つもお持ちなんですか?
一刀彫の立雛、本当に素敵です☆

まやりんさんのお母様がお雛様をしまわれる時、優しくお雛様に声をかけられたというお話を読ませて頂き、それに引換え私は…って思いました
だって今回娘の所へ来る為に(今娘の所へ来ています(^^)v)出発前日にバタバタとお雛様を片付けて来たという感じで、優しく声をかけるなんて余裕はまったくなかったんですもの(反省!)
そういう気持ちはあったんですけどね…



わらび |  2010.03.06(土) 17:29 | URL |  【編集】

☆クッキーさん

父が病気をした時に主人が勤めていた病院へ入院しなかったら、主人が
父の主治医にならなかったら…等と考えると、運命の巡り合わせや縁を
感じますね。春の野菜は香りが高くてパワーを貰えるので、大好きです。


☆わらびさん

久しぶりに娘ちゃんと一緒に過ごす週末を、きっと楽しんでいらっしゃる
ことでしょう。あいにくのお天気ですが、何処かへお出掛けもなさるのか
しら?立ち雛は桃や菜の花と玄関に飾って、季節感を出していま~す♪
まやりん |  2010.03.07(日) 10:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。