03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

車海老の大葉巻き天ぷら

2011.04.25 (Mon)

20110425-1

・車海老の大葉巻き天ぷら
・ほうれん草 胡麻和え
・明太子入りタラモサラダ
・なめ茸と三つ葉入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・生姜昆布
・刻みすぐき漬、プチトマト など


昨日は統一地方選挙後半戦…東京でも区長選挙や区議会議員選挙が行なわ
れました。
私の住まいがある区は、定員42人に対して60人の区議会議員立候補者がいた
ので、告示後は『○○でございます~!宜しくお願い申し上げます~!』という
選挙活動の声が、あちこちで飛び交っていました。
商店街でも道路でも候補者同士が擦れ違い、その度に『○○候補のご健闘を
お祈りします!』とお互いにエールを送るので、より賑やかに…(笑)
何せこの立候補者数ですから、6面ある選挙公報の隅から隅まで目を通して
おくのも大変です。
ここ数年、立候補者が掲げる政策のテーマとしては、環境・教育・介護や医療
問題が主でしたが、あの大震災を経たことで更に『防災』『危機管理』に対する
取り組みを前面に出す選挙戦になったように感じました。
地方に比べて、どうしてもコミュニティ単位のまとまりに欠ける東京…
国会議員や都会議員より身近な区議会議員の方達には、やはり、いざという
時に備え、地域に密着した防災活動や住民の繋がり作りを積極的に行なって、
今まで以上にリーダーシップを発揮して戴ければ…と思います。

今日の主菜は車海老の揚げ物です。
車海老は頭を取って殻を剥き、背腸を丁寧に取り除きます。
腹側に斜めに包丁で切れ目を入れ、火を通した時に曲がらないよう下拵えを
しておきます。
軽く塩を振ってから身に大葉をくるりと巻いて薄く小麦粉を塗し、青菜入りの
『ゆかり粉』を加えた天ぷら衣にくぐらせます。
熱した油でカラッと揚げれば、出来上がり!
義母が食べ易いよう、少し斜めに切って詰めてあります。蚕豆も一緒に揚げ、
彩りに…
京都産の筍が届いたので昨日のうちに下茹でを済ませ、今朝は筍ご飯を炊き
ました。

20110425-2

今回は、衣に『青菜入りゆかり粉』を加えて…
衣を工夫すると、天ぷらも色々なアレンジが広がりますね。

20110425-3

こちらが、最近スーパーで見つけた『青菜入りゆかり粉』。
青菜は大根葉のことで、赤紫蘇のゆかり粉と絶妙なバランスでブレンドされて
います。
スポンサーサイト
09:17  |  揚げ物が主菜  |  Comment(8)

牛肉隠元巻きの中華風味焼き

2011.04.18 (Mon)

20110418-1

・牛肉隠元巻きの中華風味焼き
・アスパラガス ゆかり和え
・野蕗の当座煮
・三つ葉と胡麻入り卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・いかなご釘煮
・赤かぶら漬、プチトマト など


好天続きだった東京は桜の見頃を過ぎ、今度は『つつじ』が咲き始めました。
昔から花を眺めるのが大好きだった私ですが、あの大地震を経験してからと
いうもの、以前に増して『花』や『樹』の存在を愛しく感じています。
水分や太陽の光が足りないとシュン…と萎れたり、心地良い風に吹かれると
喜んでいるように花びらや枝が揺れたりするのを見ていると、ここにも確実に
命の縮小形があるのだな…と思わずにいられません。
義母宅近くの小学校では、校庭の隅にある花壇でチューリップが満開になり
ました。
童謡の歌詞のように『赤、白、黄色…』と並んで、ピカピカの1年生を歓迎して
いるかのように、背筋を伸ばして咲いています。
先週金曜日に校庭横の道を通った時、ちょうど1年生が担任の先生に連れら
れて校舎から出てきたところでした。小さな子供達が花壇に近づいて沢山の
チューリップに歓声を上げる様子は微笑ましくて…思わず足を止め、それを
眺めながら、当たり前の光景のようで実はとても平和で有難いことなのだと、
改めて感じました。
被災地では避難所近くに転校したり、当初の予定と違う学校の新入生になる
お子さんも多いのだそうですね。
少しでも学校生活が楽しく心が癒される時間になりますように、私も東京から
お祈りしています。

今日は牛肉の巻き巻き系を主菜にしました。
牛薄切り肉は広げて軽く塩胡椒し、サッと茹でて冷ました隠元数本を置いて、
端からクルクルと巻きます。
全体に薄く小麦粉を塗し、油少々を熱したフライパンで転がしながら焼いて
いきます。
酒少々を振りかけて蒸し焼きにした後、フライパンの中を綺麗に拭き取って
オイスターソースと醤油を大匙1ずつ、酒大匙2・蜂蜜小匙2・片栗粉少々を
混ぜたタレを回しかけます。
フライパンを揺すりながら煮詰めて、全体によく絡めれば出来上がりです。
今朝は豆ご飯を炊きました。

20110418-2

牛肉+隠元を、今日は中華風味で…
オイスターソースを使うと、ちょっとコクのある味になります。
豆ご飯は昆布出汁で炊いたので、ほんのり旨味が加わりました。

20110418-3

毎年、この時期に作る恒例・野蕗の煮物…
我が家では伊豆太陽農協から出荷される物を使って、沢山食べられるように
佃煮より短時間で仕上げる薄味の『当座煮』にしています。
下茹でした後に鍋でコトコト煮ていると、キッチン全体にふわっと春の香りが
広がって、思わず深呼吸してしまうんですよ。
義母や主人の大好物なので、あと何回か煮る予定です。
08:12  |  肉類が主菜  |  Comment(9)

真鱈のカレー風味パン粉焼き

2011.04.11 (Mon)

20110411-1

・真鱈のカレー風味パン粉焼き
・菜の花 辛子酢味噌和え 
・加賀蓮根のきんぴら
・桜海老と浅葱入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・うぐいす豆
・さくら漬、プチトマト など


今年の桜は去年に比べて1週間ほど開花が遅れていたので、東京では先週
半ばに、ようやく満開となりました。
大きな震災の後の桜…例年と違う、特別な感情を持って眺めている方も多い
ことと思います。
先週末、津波の被害を受けたにも拘わらず開花した桜がある…という話題が
ニュースで紹介され、その強い生命力に驚き、そして感動しました。
桜の品種で有名な『ソメイヨシノ』は、東京の都花です。成長が早くて、花が
葉に先駆け一斉に美しく咲くので、人々の心を癒すと考えられたのでしょう。
第2次大戦後には、公共の場に沢山植えられたそうですね。
我が家から近い大通りは両側が桜並木になっています。満開を迎えると桜の
トンネルが出来たようになるので、買い物に出掛けた時は少し遠回りしても
ここを通って帰るのが、今の時期の楽しみです。
今年は催し物の自粛や節電の理由から、例年なら桜並木に飾られる提灯が
外されましたが、濃い桃色の提灯が無い分、却って桜の本来の色がよく判る
ことに気付きました。
桜前線…今週はどの辺りまで北上するでしょうか。

今日の主菜は真鱈の焼き物です。
真鱈は皮と骨を丁寧に取り除き、食べ易い大きさに削ぎ切ります。
しっかりと塩胡椒してから更に軽くカレー粉を振って小麦粉・卵にくぐらせ、
カレー粉とドライパセリを混ぜたパン粉を塗します。
(ここまでを前夜のうちに済ませておくと、パン粉がしっかりと馴染むので
綺麗に仕上がります)
フライパンに少し多めの油を熱し、両面をカリッと焼き上げれば完成です。

20110411-2

義母は魚の皮が苦手…ということで、下拵えの段階で取り除いていますが、
大丈夫な方はそのままでどうぞ。
真鱈の代わりに、ささみや帆立を使ってもお弁当向きの主菜になりますね。
08:20  |  魚介類が主菜  |  Comment(7)

肉団子の山椒風味照り焼き

2011.04.04 (Mon)

20110404-1

・肉団子の山椒風味照り焼き
・伏見甘長唐辛子のおかか炒め
・鳴門金時の柚子茶グラッセ
・しらすと浅葱入り卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・胡麻昆布
・刻み柴漬、プチトマト など


4月になりました。
年明けと違う、新しい年度の始まりですね。新入生や新入社員、いわゆる
『フレッシュマン』と呼ばれる人が少し緊張した面持ちで街を歩く季節…
毎年のことながら、心の中でエールを送らずにはいられません。
先日、赤ちゃんを連れた若いママがバスに乗ってきました。ベビーカーを
ベルトで留める優先席に座ったので、何となくお年を召した方達が周りを
囲むような形になったのです。
バスが動き出しても赤ちゃんは愚図ることなく、ニコニコご機嫌な様子…
それを微笑ましそうに眺めていたお年寄りが、こう言いました。

 「いいねぇ…まさに希望だねぇ…」

すると、また別のお年寄りが赤ちゃんの顔を覗き込むようにして

 「本当だ、希望の光だよ」

と言いながら、頭をそっと撫でて…
東京でも毎日のように余震が続いて、誰もが身構えて心や身体を硬くして
いた時期でしたから、小さな命の存在に一時、パスの中の空気と気持ちが
ふわっと和らいだ感じがしました。
こんな風に気持ちの和らぐ事が、被災地の皆様にも少しずつ積み重なり
ますように…

今日は肉団子の照り焼きを主菜にしました。
ハンバーグ種を取り分けて作った肉団子には、刻んだ生の玉葱と椎茸を
沢山入れてあります。
(私は醤油少々を加えた熱湯で茹でて、冷ましてから冷凍しています)
前夜のうちに冷蔵庫へ下ろして自然解凍した肉団子を、朝、軽くレンジで
温めます。
醤油・蜂蜜・味醂を各大匙2と酒大匙1、片栗粉少々を混ぜたタレをフライ
パンに入れて熱し、肉団子を加えて揺すりながら煮詰めます。
全体にタレが絡まって、ツヤツヤとなれば出来上がり!
仕上げに粉山椒を振り、彩りに木の芽を添えました。

20110404-2

粉山椒+木の芽で、お弁当箱に『春』らしさを添えて…
京野菜の伏見甘長唐辛子は辛味が無いので、義母のお弁当にも入れら
れます。
08:21  |  肉類が主菜  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。