FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

肉団子の山椒風味照り焼き

2011.01.17 (Mon)

20110117-1

・肉団子の山椒風味照り焼き 
・隠元 ピーナッツ和え
・南瓜の煮物
・桜海老と浅葱入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・胡麻昆布
・刻み柴漬、プチトマト など


平日は家族が出掛けてから、ゆっくり広げて読む朝刊…家事を一段落させて、
ちょっとお茶でも飲みながら、ホッとするひとときです。
朝一番で新聞に目を通した主人から、『○面の記事が、面白かったよ~』とか
『ためになりそうだから、△面をよく読んでおくといいよ』と言われた時などは、
とにかく指摘された面を最初に広げることにしているんですよ。
年明け、新聞を読み終えた主人が『読者の投稿欄に、○ちゃん(私の名前です)
と全く同じ体験をした人の話が載ってる!後で読んでごらん!』と、ニコニコ
しながら言いました。

 (私と全く同じ体験…って、いったい何の事だろう???)

新聞を広げてみると、そこに【校庭に白線 乗車練習し出発】というタイトルで、
兵庫県・明石市在住の女性からの投稿がありました。この方は46歳ですから、
私と1年違いということになりますね。
女性は淡路島育ちで、中学時代の修学旅行の行き先が東京。まずフェリーで
明石海峡を渡って、新神戸駅から新幹線に乗ることになったそうです。
出発を前に校庭に白線で新幹線の座席やドア位置が実物大で描かれ、合図と
同時に決められた座席まで移動する…この練習を、まさしく私も体験していた
のでした。
私は神奈川育ちで、修学旅行の行き先は京都。新幹線は新横浜から乗車する
ことになっていました。始発駅ではないので、停車時間の数分間で先生と生徒
全員が乗り込まなくてはなりません。
指導する先生達から

 『そんなにノロノロやってると、置いていかれるぞっ!』

という叱咤を浴びながら、それは真剣な態度で生徒達は何度も練習に臨んだ
のでした。
私の学年は10クラスもあり、ある意味、民族の大移動のようなものですから、
先生達も必死でいらしたのでしょう。
今でこそ笑い話になりますが、この年代の人達は住んでいる場所や行き先は
違えど、皆、同じような体験をしたんだなぁ…と、懐かしく思い出しました。
新幹線がまだまだ『特別な乗り物』だった、ちょっと昔のお話です…(笑)

今日の主菜は、肉団子の照り焼きです。
ハンバーグの種を取り分けて作った肉団子には、いつものように刻んだ生の
玉葱と椎茸が沢山入っています。
(私は、いつも醤油少々を加えた熱湯で茹で、冷ましてから冷凍しています)
肉団子は前夜のうちに冷蔵庫へ下ろして自然解凍し、朝、軽くレンジで温め
ます。
フライパンに醤油・蜂蜜・味醂を大匙2ずつ、酒大匙1、片栗粉少々を混ぜた
タレを入れて熱し、肉団子を加えて揺すりながら煮詰めます。
全体にタレが絡まり、ツヤツヤとなれば出来上がり!
仕上げに粉山椒を振り、彩りにサッと素揚げした梅麩を添えました。

20110117-2

揚げたり、焼いたり、煮込んだり…
ストックの肉団子は、お弁当作りの強い味方になりますね。
梅麩に合わせて、今日はピックも梅型の物を…

20110117-3 20110117-4

『寅年』から『卯年』になったので…(笑)
虎太郎&虎次郎の仲間として、母が、ウサギのぬいぐるみにユニフォームを
着せて届けてくれました。名前は『卯三郎(うさぶろう)』と申します。
ジャビット君と同じ『ウサギ』ということで、読売巨人軍のユニフォームなん
ですよ。いつものことながら、デザインや細かいディテールを再現してくれた
我が母に感謝感謝。
皆様、虎兄弟と同様に、宜しくお願い申し上げます!
スポンサーサイト



09:34  |  肉類が主菜  |  Comment(6)
 | HOME |