07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

紅生姜入り ひとくち肉天

2010.08.30 (Mon)

20100830-1

・紅生姜入り ひとくち肉天
・ほうれん草 胡麻和え
・切干大根の煮物
・ちりめん山椒入り卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・紫花豆
・刻み高菜漬、プチトマト など

8月も残り2日となりました。
暑さが一段落する…という意味の『処暑』を過ぎても、厳しい残暑が続いて
いますね。朝刊を取る為に玄関のドアを開けると

 【もぁ~っ】

と熱気が入り、更に暑さを上塗りするようなミンミン蝉の大合唱が!
我が家近くの中学校の木から、例年ならばツクツクホウシや蜩(ひぐらし)の
声が聞こえる時期だというのに、あまりの暑さに『まだお呼びでない??』と
何処かで静かに出番を待っている感じです。
今年ほど、あの『カナカナカナ』という蜩の声を待ち遠しいなぁと思ったことは
ありません…(笑)
この暑さで、義母宅のご近所の番犬・ニタロウ君もいささかバテ気味…
犬小屋から玄関先(屋根があって常に日陰状態)に移動して、ヒンヤリ冷たい
コンクリートの上で、ダラ~ンと身体を伸ばして寝ています。
いつもなら私の足音と呼び掛けに立ち上がって尻尾を振るニタロウ君ですが、
この体勢になってしまうと、薄眼を開けて面倒くさそうにチラッと見るだけ。

 (こう暑くちゃ、真面目に番犬なんてやってられませんわ~)

とでも言いたそうな雰囲気です。
そう言えば、太陽がギラギラ照りつけている日中は野良猫達の姿も見えなく
なっているような気がしませんか?あの灼熱のアスファルトの上を歩いたら、
プニプニの肉球が火傷しそうですものね…(汗)

今日は豚肉の揚げ物を主菜にしました。
豚薄切り肉2~3枚は一口大に切って、醤油と酒少々をからめておきます。
(今回、私は赤身と脂身のバランスが程よい、肩ロースの薄切りを使いました)
溶き卵と小麦粉少々を入れて煉ったら、更に粗く刻んだ玉葱・浅葱・紅生姜を
加えて大きく全体を混ぜます。
熱した油にスプーンで少しずつ落として、焦がさないよう火力を調節しながら
カラッと揚げれば完成です。

20100830-2

豚肉と合わせる野菜は、お好みの物で…
薄切り肉を刻んで作るので、冷めても柔らかです。
揚げたての熱々は、お酒のアテとしてもピッタリですよ~♪(笑)
スポンサーサイト
08:30  |  揚げ物が主菜  |  Comment(6)

帆立の磯の香風味パン粉焼き

2010.08.23 (Mon)

20100823-1

・帆立の磯の香風味パン粉焼き
・隠元 ピーナッツ和え
・竹輪のカレーマヨネーズ炒め
・桜海老と三つ葉入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・胡麻昆布
・花茗荷漬、プチトマト など


今年のお盆休み…主人は休診日を少し後ろにずらして、16~17日と恒例の
富士登山に息子と出掛けてきました。
初めての登頂から数えて、もう7回目になります。
出掛ける数日前から、チェックリスト片手に入念な荷造りを始めるのですが、
毎年、2人揃って遠足の時の子供のように

 『僕達は季節限定アルピニスト~♪富士山が僕らを待っている~♪』

とはしゃいでいる様子を見るのは、なかなか面白いんですよ…(笑)
ここ数年は登山客に外国人(特にアジアの方)が増え、宿泊する山小屋では
様々な国の言葉が飛び交っているのだとか。
更に、今年は『山ガール』と呼ばれる女性だけのグループも多かったそうで、
きちんと山登りの装備を整え、仲間と励まし合いつつ頂上を目指して頑張る
ということが、ひとつのファッションになっているのかもしれません。
我が家の2人が初めて富士山に挑んだのは息子が小学生の時…その頃は
まだ体力がついていかず、主人が『大丈夫か?』とか『もう少しだから…』と
励ましながら登ったようですが、今では立場が逆転し(笑)、特に下山道では
息子がストックを両手に持ち、主人は息子の肩に片手を置いて膝を傷めない
よう慎重に歩けるので、とても助かるそうです。
よく『男親は息子とお酒を酌み交わすのが嬉しい』と言いますが、我が家では
『互いを支えながら富士山に登るのが嬉しい』ということも加わったようで…
『男のロマン、ここにあり』って感じかな?(笑)

今日の主菜は、義母が大好きな帆立を使った焼き物です。
お刺身用の帆立は、大きな物なら厚みを半分にして塩胡椒をしっかり振り、
下味を付けておきます。
全体に小麦粉を塗して卵にくぐらせ、たっぷりと青海苔を加えたパン粉を
塗します。
(ここまで前夜に済ませておくと、パン粉がよく馴染んで剥がれにくくなり
ます)
フライパンに少し多めの油を熱し、こんがりと良い色がつくように帆立の
両面を焼けば、出来上がりです。

20100823-2

青海苔を加えると、和風なパン粉焼きに…
冷めても美味しく戴けるので、お弁当にピッタリの主菜です。
大きめの帆立だったので、斜め半分に切ってから詰めました。

20100823-3

今年も皆様にお届けします!
17日の朝5時過ぎに息子の携帯から届いた、富士山のご来光写真。
これを撮れた瞬間に、何とも言えない達成感を得られるのだそうです…(笑)


08:12  |  魚介類が主菜  |  Comment(4)

牛肉隠元巻きのピリ辛焼き

2010.08.16 (Mon)

20100816-1

・牛肉隠元巻きのピリ辛巻き
・小松菜 胡麻和え
・南瓜のカレー風味サラダ
・明太子と浅葱入り卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・お多福豆
・晩菊漬、プチトマト など


8月も残り半分…お子様達の宿題の進み具合は如何でしょうか?(笑)
夏休みの思い出のひとつに、『盆踊り』があります。
自分が住んでいる地区の町内会が開催する小さな物から、お祭りのように
大規模な物まで、子供の頃はよく参加していました。
本来は先祖の霊を迎えて慰める為の踊りで、鎌倉時代に一遍上人が広めた
念仏踊りが起源だそうですね。
江戸時代には各地で郷土色豊かな踊りが生まれ、中には霊を慰めるだけで
なく、豊作を祈願するような祈りをこめた踊りもあるのだとか。
盆踊りが開催される何日か前から広場に櫓を組む準備が始まり、紅白幕が
張られ、大きな太鼓が置かれ…その日は朝から(早く夜が来ないかなぁ♪)
とワクワクしながら待ったものでした。
特にその夏の最後の盆踊り大会の時は、近所の方や学校の友達と挨拶を
交わして賑やかに踊った後、進行役の

 『さぁ、次の踊りでお開きです』

という声に、そろそろ夏休みも終わるんだな…と、ちょっぴりセンチな気分に
なっていた私です…(笑)
よく流れた曲は『ハァ~ァ♪踊り踊るな~ら、ちょいと東京音頭~♪』という
東京音頭、『キュキュキュのキュ♪オバQ音頭でキュッキュッキュ♪』という
オバQ音頭、『月が出た出た♪月が出た~♪ア、ヨイヨイ♪』という炭坑節
でした。
皆様がお住まいの地域では、どんな曲を踊るのでしょう?もし覚えていら
したら、教えて下さいね。

今日は牛肉の巻き巻き系を主菜にしました。コチュジャンを使う、ピリ辛の
味噌風味仕立てです。
牛薄切肉に軽く塩胡椒し、下茹でした隠元数本を置いて端からクルクルと
巻いたら、全体に薄く小麦粉を塗しておきます。
油少々を熱したフライパンで転がしながら焼いて、ある程度火が通ったら
酒を少々振りかけて蒸し焼きにします。
味噌・味醂・蜂蜜を各大匙2にコチュジャン小匙1を加えたタレを回しかけ、
全体に絡めるよう煮詰めていけば出来あがり~♪
義母が食べやすいように辛さは少し控え目ですので、コチュジャンの量は
お好みで調整なさって下さいね。

20100816-2

まだまだ残暑が続く時期…
ご飯が進むよう、主菜のコチュジャン、副菜のカレー粉、卵焼きの明太子
というように、本日は『ピリ辛三昧』の献立でございます…(笑)
09:10  |  肉類が主菜  |  Comment(3)

かじき鮪の山椒風味照り焼き

2010.08.09 (Mon)

20100809-1

・かじき鮪の山椒風味照り焼き
・アスパラガス ピーナッツ和え
・鳴門金時のハニーレモン煮
・しらすと浅葱入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・生姜昆布
・赤かぶら漬、プチトマト など


立秋を迎えて暦の上では秋になりましたが、まだ暫くは厳しい暑さが続き
そうです。
先日ラジオを聴いていたら、ある番組に出演された気象予報士さんが

 「すみません…今日も【暑い】と【晴れ】…この2つの言葉のみで…」

と、少し申し訳なさそうな声になっていました。
気象予報士さんは番組の関係者と顔を合わせる度に

 「いったい、この暑さはいつまで続くんですか?!」

と聞かれているのでしょう。中には

 「この夏は【冷夏】になるかも…って予想していたのにねぇ?」

なんて冗談半分に責めるパーソナリティーの方もいたりして。
天気や気温は人間の手で変えられないと判ってはいても、あまりの暑さに
誰もが(早く何とかしてくれ~!)と思っているのは事実です。
最近、ある投稿欄に『男性用の日傘も販売したら…』という内容の文章が
載っていましたっけ。
ここ数年でクールビズが普及したとは言え、スーツの上下にネクタイ姿の
殿方はまだまだ多いですものね。頭の上を日陰にするだけで多少は涼しく
感じますから、こんな猛暑が毎年続くようだと傘売り場に男性用の日傘が
何種類も並ぶ日が来るのは、そう遠くないことかもしれません…(笑)

今日の主菜はかじき鮪の焼き物です。粉山椒を仕上げに振り、ご飯が進む
照り焼きにしました。
かじき鮪は食べやすい大きさに切り分け、軽く塩を振ったら暫く置いておき
ます。
余分な水気を拭いて全体に軽く小麦粉を塗したら、油少々を熱したフライ
パンで両面をこんがりと焼きます。
フライパンの中を綺麗に拭いて、醤油・蜂蜜・味醂各大匙2に酒大匙1と
片栗粉少々を混ぜたタレを加え、フライパンを揺すりながら煮詰めていき
ます。
全体にタレが絡まって、ツヤツヤになれば出来上がり~♪
仕上げに、たっぷり粉山椒を振りました。

20100809-2

お肉でもお魚でも、照り焼きはお弁当の『王道』…
粉山椒以外に一味唐辛子や七味唐辛子を振っても、大人味の照り焼きに
なりますね!
09:19  |  魚介類が主菜  |  Comment(4)

車海老の大葉&黒胡麻風味天ぷら

2010.08.02 (Mon)

20100802-1

・車海老の大葉&黒胡麻風味天ぷら
・隠元 辛子酢味噌和え
・牛蒡と人参のきんぴら
・なめ茸と浅葱入り卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・茶花豆
・刻み柴漬、プチトマト など

8月に入りました。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
先週木曜日は久々の雨降りで涼しかったので、ホッと一息つけました。
朝、天気予報で『現在の気温は26度で、この後も殆ど上がらない予想です…』と
聞いた瞬間の嬉しかったこと!30度以下だなんて、久しぶりでしたからね~(笑)
ただ、そんな風に涼しかったのは1日だけ…またまた厳しい暑さに戻ってしまい
ました。
義母宅近くの小学校では、現在、夏休みのプール授業を実施中…私がお弁当を
届けて帰る頃に学年の入れ替え時間を迎えるようで、プールからは泳いでいる
子供達の声や水音が聞こえ、校庭では次の授業に出席する子供達がお喋りしたり
遊んだりしながら賑やかに待っています。
プールに入る前も、授業の間も、終わって着替えた後も変わらないテンションで
元気一杯!そのパワー、いったい何処から湧いてくるのでしょう?
そんな子供達と対照的なのが、出席印を押す当番の先生。大きな麦わら帽子を
被り首にタオルを巻いた完全防備でいらっしゃいますが、地面から照り返しの
熱を受けて真っ赤なお顔のヘロヘロ状態…
この炎天下続きでは体力消耗してしまいますものね。本当にお疲れ様です!
よく『子供は風の子』と言いますが、『太陽の子』でもあるのは間違いないわ…
な~んて、暑い夏が来る度に実感する私です…(笑)

今日は海老の変わり天ぷらを主菜にしました。
先日の記事にも書いた、お中元の天然車海老を使っています。
(直ぐに食べない分は、捌いて殻と背腸を取り除いて冷凍しておきました)
海老は腹に切れ目を入れて、尾の先と真ん中の尖った部分(剣先)を少し斜めに
切り、中の水を扱き出します。
海老に大葉を巻いて全体に薄く小麦粉を塗したら、黒胡麻と麺つゆ少々を加えた
天ぷら衣にくぐらせます。
熱した油でカラッと揚げれば出来上がり!
今日は、義母が大好きな鳴門金時を一緒に揚げて添えました。

20100802-2

揚げると車海老の甘味が増して美味しい~♪
この車海老を送って下さったのは、主人の先輩です。先日お電話を下さった時に
『手間のかかる物を送って申し訳なかったなぁ』なんて仰いましたが、いえいえ
とんでもないっ!いつでも大歓迎でございますっ!(笑)

08:06  |  揚げ物が主菜  |  Comment(5)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。