04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

帆立と新玉葱と蚕豆の彩り揚げ

2010.05.31 (Mon)

20100531-1

・帆立と新玉葱と蚕豆の彩り揚げ
・アスパラガス 胡麻和え
・南瓜の煮物
・しらすと浅葱入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・生姜昆布
・赤かぶら漬、プチトマト など


早いもので、今日で5月も終わり…明日から6月です!
ここ数日は肌寒いぐらいの気温が続いていましたが、やはり6月を迎える
となると『衣更え』という言葉が頭に浮かびますね。
平安時代の宮中では、衣服だけでなく調度品も一緒に改めていたそうです。
今でも京都の町家などで、夏が近づくと襖や障子を取り払って簾戸(すど)
や簾(すだれ)に変えたり、畳に網代を敷いたりする習慣があるのは、そこ
から来ているのでしょう。
江戸時代になると、それまでの絹や麻に加え木綿が普及して衣類が多様化
したので、幕府が年に4回の衣更えを定めたのだとか。
春と秋には裏地のある『袷(あわせ)』、夏には裏地の無い『帷子(かたびら)』、
冬には防寒の役目を持つ『綿入れ(わたいれ)』の着物になりました。
明治時代に洋装が増え広まると、政府は年2回の衣更えを制定したそうで、
その習慣が今に伝わっているとのこと。
気温や湿度の変化が大きく、四季がはっきりしている日本ならではの習慣
である『衣更え』…新しい季節を迎える心と身体の準備にも役立つことです
から、これからも大切にしていきたいですね。
サラリーマンの背広や学生の制服が、明日からは明るい色や薄い素材に
変わって、通勤や通学で混み合う電車の中も少しスッキリ軽やかに見える
ようになるかな?(笑)

今日の主菜は帆立の揚げ物です。
義母の好物である帆立に新玉葱や蚕豆を合わせ、それぞれの甘味を生か
した揚げ物を作りました。
刺身用の帆立は、粗く刻んでから包丁の背で更に叩いて、粘りが出るまで
滑らかにしておきます。
新玉葱と蚕豆は、少し粗めの微塵切りにします。
帆立・新玉葱・蚕豆をボールに入れ、塩胡椒・醤油・片栗粉少々を振って、
全体によく混ざるよう練ります。
食べやすい大きさの小判型にして薄く小麦粉を塗し、熱した油でカラッと
揚げれば完成です。

20100531-2

帆立と新玉葱の中から、刻んだ翡翠色の蚕豆がコンニチハ~♪(笑)
帆立に合わせる野菜は、お好みの物でも大丈夫です。
今日は緑の彩りとして蚕豆を使っていますが、枝豆やアスパラ、浅葱でも
いいですね。
瑞々しく甘い新玉葱は、我が家の大好物!この時期ならではのお楽しみ
なので、毎日のように食べています。

スポンサーサイト
09:15  |  揚げ物が主菜  |  Comment(11)

かじき鮪の香草パン粉焼き

2010.05.24 (Mon)

20100524-1

・かじき鮪の香草パン粉焼き
・隠元 ピーナッツ和え
・蓮根の金胡麻きんぴら
・明太子と浅葱入り卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・うぐいす豆
・刻み柴漬、プチトマト など


学校の運動会と言えば『秋』に開催されるイメージが強かったものですが、
週休2日制になって以来、授業時間数やカリキュラムとの兼ね合いで5月
下旬~6月初旬に開催する学校が多くなったようですね。
義母宅近くの小学校でも、ゴールデンウィーク明け頃から運動会に向けて
徒競争やダンスの練習が盛んに行なわれており、帰り道に遠くから眺めて
しまうことがあります。
先日は1年生が50m走の練習をしていました。ついこの間までは幼稚園児
だった彼らなので、まだまだ身体が小さくて…徒競争と言うよりも一直線に
走る『かけっこ』という感じなのですが、スタートの合図で勢い良く飛び出し
ゴールを目指して駆けて行く姿は、何とも可愛いものでした。
暫くすると私以外にもう1人、フェンス越しに校庭をじっと眺めている女性を
発見!しかも私と違って、子供達から見えにくいように木の陰に少し隠れる
位置で佇んでいるのです。
その真剣な眼差しから、あの1年生の誰かのママなのだな…と判りました。
本番前の練習とはいえ、心配と応援と半々の気持ちで、そっと眺めていた
のでしよう。
息子の小学校時代に、PTA役員として運動会で徒競争のゴールテープを
持つお手伝いをしましたが、どの学年よりも、1年生のゴール前はカメラや
ビデオを手にした保護者達で賑わっていた記憶があります。
小学校に上がって最初の運動会ということで、我が子のゴールの瞬間を
目に焼き付けたい、画像に記録しておきたいと思うのは、どの親御さんも
いつの時代も同じなんですね。

今日は、かじき鮪の焼き物を主菜にしました。
ハーブの風味を利かせた、イタリア風に仕上げてあります。
かじき鮪は、ハーブソルト(私はS&Bの【地中海のハーブソルト】を使って
います)を表裏に振り、味を馴染ませておきます。
全体に薄く小麦粉を塗して卵にくぐらせ、刻んだパセリとスイートバジルを
たっぷり加えたパン粉を塗します。
少し多めの油を熱したフライパンで両面をこんがりと綺麗な色に焼き上げ、
キッチンペーパーの上に置いて余分な油を吸わせます。
仕上げにドライハーブを加えたケチャップをかければ、出来あがりです。

20100524-2

今日はかじき鮪で作りましたが、帆立や白身魚などでも~♪
下味、パン粉、ケチャップ其々にハーブを加えるので、しっかりと香りが
保たれます。
ハーブを利かせたパン粉焼きなら、ボリュームアップしてお若い方にも
喜ばれますね!
08:01  |  魚介類が主菜  |  Comment(11)

牛肉隠元巻きの中華風味焼き

2010.05.17 (Mon)

20100517-1

・牛肉隠元巻きの中華風味焼き
・ほうれん草 胡麻和え 
・カレー風味のポテトサラダ
・ちりめん山椒入り卵焼き
・絹さやと人参 甘煮
・椎茸昆布
・刻みすぐき漬、プチトマト など

我が家の近くには中学校があって、音楽室の窓が開け放たれるこれからの
季節は、風に乗って色々な『音』が聞こえてくるようになります。
特に放課後になると、吹奏楽部の部員が練習している様々な楽器の音色が
賑やかに響いて、

 (あ、この曲は知ってる~♪)

 (今は、こんなカッコイイ曲も演奏するのね~♪)

と、立ち止まって暫く耳を傾けてしまうこともあるんですよ。
この時期は吹奏楽部にも1年生が入部したばかりで、上級生達の滑らかな
音出しに混じって、まだヨチヨチ歩きの音が聞こえてきます。
単調な基礎練習やパート練習を地道に続けて、譜読みをして、全体練習で
徐々に曲を仕上げたこと…
練習に気合いが入らず顧問の先生の機嫌を損ねてしまい、皆で頭を下げに
行ったこと…
定期演奏会だけでなく、市の文化祭や体育祭にも参加してお客様に沢山の
拍手を戴いたこと…
私自身、中学校の時に吹奏楽部でピッコロ(フルートを短くした、高音の木管
楽器)を吹いていたので、そんな思い出を幾つも重ねながら練習風景を目に
浮かべて、心の中でエールを送っています。

今日の主菜は牛肉の巻き巻き系です。オイスターソースを使った中華風の
味付けにしました。
牛薄切り肉は広げて軽く塩胡椒し、細かく刻んだ搾菜を全体に散らします。
更にサッと火を通して冷ましておいた隠元数本を置いて、端からクルクルと
巻いたら、全体に薄く小麦粉を塗します。
油少々を熱したフライパンで転がしながら焼いて、酒少々を振りかけて蒸し
焼きにした後、フライパンの中を綺麗に拭きます。オイスターソースと醤油
各大匙1・酒大匙2・蜂蜜小匙2・片栗粉少々を混ぜたタレを回しかけたら、
煮詰めながら全体によく絡めて出来上がりです。

20100517-2

オイスターソースを使った中華風味…
細かく刻んで中に散らした『搾菜』が、イイ仕事しています!(笑)
隠元と搾菜の炒め物が美味しいことから、ヒントを得て作りました。

20100517-3

こちらが中学時代に使っていたピッコロ…亡き父からのプレゼントです。
当時、このメーカーの中でもかなり高い方のランクの物を買ってくれたので、
大切に使って手入れを怠らないよう心掛け、嫁ぐ時にも持って来ました。
弦楽器と違い、管楽器はある程度の年数を経たら買い換える物なので楽器と
しての価値は殆どありませんが、30年以上が経った今でも、こうしてケースを
開けては懐かしむ私の宝物です。
08:22  |  肉類が主菜  |  Comment(4)

真鯛の松の葉昆布風味揚げ

2010.05.10 (Mon)

20100510-1

・真鯛の松の葉昆布風味揚げ
・アスパラガス 酢味噌和え
・鳴門金時の黒胡麻風味サラダ
・蟹と浅葱入り卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・茶花豆
・刻み高菜漬、プチトマト など


好天に恵まれたゴールデンウィークが終わりました。
『お休みが続いたのは嬉しいけれど、家族に振り回されて疲れちゃった』と
いう主婦の方達も、実は多いはず…
日中は夏のような気温になったり、湿度が高く少しジメジメする日があったり
して、お疲れが重なると体調を崩しやすくなりますね。
どうぞくれぐれも御自愛下さいますように。
ゴールデンウィーク中、小さな身体にリュックサックを背負って子供だけで
出掛けようとしている場面に、何回か遭遇しました。
大概は兄弟姉妹で上の子供が小学校低学年ぐらい、少し離れた祖父母や
親戚の家などに行くのでしょう。
バスや電車に乗る所まで親御さんが見送りに来ていて、

 『○○駅に着いたら、おじいちゃんが迎えに来てるからね!』

とか

 『このバス、いつもの停留所で降りずに、終点まで乗って行くのよ!』

なんて激励半分・心配半分の表情で言い聞かせている様子に、こちらまで
ウンウンと一緒に頷きそうになりました。
初めてのお使いのように、出掛ける本人達と同じぐらい、いやそれ以上に
見送る親御さんは無事に到着するまで緊張しているんですね。動き出した
バスや電車に手を振る親御さんの表情は、ちょっと涙を堪えている感じさえ
しました。
この体験が成功して大きな自信に繋がれば、夏休みには更に距離が延びる
かもしれないですものね。頑張れ、小さな旅人達!(笑)

今日は真鯛の揚げ物を主菜にしました。
刺身用の真鯛は食べ易い大きさに削ぎ切り、日本酒少々を振りかけておき
ます。
松の葉昆布(松葉のように細く切った昆布の佃煮)を包丁かキッチン用鋏で
細かく刻み、真鯛の両面に塗します。
(ここまでを前夜に済ませておくと、真鯛に昆布の旨味がよく染みます)
大葉を巻きつけ全体に薄く小麦粉を塗したら、麺つゆ少々を加えた天ぷら
衣にくぐらせます。
熱した油でカラッと揚げれば、出来上がり~♪
今朝は筍ご飯を炊きました。

20100510-2

昆布の旨味がしっかり染みているので、冷めても美味しく食べられます。
大葉を巻く代わりに、天ぷら衣に青海苔や胡麻を加えても…

20100510-3

大阪の料亭・『花錦戸』さんの松の葉昆布…
最初はすっぽん鍋の雑炊に添えられていたそうですが、すっぽんの出汁
と山椒で炊かれた味が人気となり、単品で販売するようになったとか。
最近は東京のデパートでも手に入るようになりました。
この75g入りの袋で2100円と少々高価ですが、亡き父の大好物だったこと
もあり定期的に主人が買ってきてくれるので、無駄にしないように美味しく
使い切るようにしています。




08:09  |  揚げ物が主菜  |  Comment(6)

肉団子の葱だれ風味あんかけ

2010.05.03 (Mon)

20100503-1

・肉団子の葱だれ風味あんかけ
・隠元の明太子マヨネーズ和え
・牛蒡と人参のきんぴら
・なめ茸と三つ葉入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・胡麻昆布
・花茗荷漬、プチトマト など


ゴールデンウィークも後半となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?
そろそろUターンラッシュが始まる頃ですよね。事故やお怪我の無いように、
くれぐれもお気をつけ下さい。
さて、先週の木曜日(昭和の日)のこと…
我が家は日曜日でも祝日でも、朝ご飯は平日と殆ど変らない時間に食べて
います。
その日は朝から天ぷら(桜海老・玉葱・三つ葉のかき揚げ、オクラ、蓮根)を
揚げ、讃岐うどんを茹でて冷やして、天ざるうどんにしました。
皆が食卓に揃って食べ始め、野菜の天ぷらって美味しいよね~♪♪なんて
会話から発展したテーマが

 『もし、この世に5種類しか野菜を残せないとしたら、何を選ぶ?』

というもの。
全員で直ぐに一致したのは、まず玉葱と人参とじゃが芋の3種類でした。
ある程度の保存性があり、調理方法を変えて様々な献立に使える野菜だと
いう点がポイント高し!だったようです。
次に何か緑の物を…となった時に候補として挙がったのはキャベツ。
南瓜やピーマンのような緑黄色野菜の方が栄養価は高いのですが、生でも
火を通しても美味しく食べられるから…と、主人が主張して決定!
最後の1種類…これは各々の好みがあって、なかなか絞れないんですね。
蓮根?茄子?牛蒡?大根?候補があれこれ出てきて、讃岐うどんをチュル
チュル啜りながら真剣に悩む3人…(笑)
暫くして、主人が高らかに

 『忘れてた!5番目は長葱だよ、長葱!薬味が無くちゃ困るでしょ!』

と宣言…えぇ、そうでした!ごもっとも!
以前、マンションの管理人さんに

 『○○さんは、いつも長葱を買ってくるんだね~』

と指摘されたぐらいですから、確かに我が家には欠かせない野菜なのです。
その晩、いつものお寿司屋さんに行ったので大将に同じ質問をしたところ、
何と、大将も私達が考えた5種類と全く同じ野菜を挙げたんですよ!(笑)
なかなか5種類に絞るのは難しいのですが、皆様なら、どの野菜を選びま
すか?

今日の主菜は、長葱や浅葱入りのタレを絡めた肉団子です。
いつものように、肉団子には生の玉葱や椎茸を刻んでたっぷり加えて練り、
食べ易い大きさに丸めて茹で、冷凍しておきました。
肉団子は前夜のうちに冷蔵庫へ下ろして自然解凍し、朝、レンジにかけて
軽く温めます。
同量のオイスターソース・味醂・酒・蜂蜜・レモン汁を合わせた物に片栗粉
少々を混ぜたタレを鍋で熱し、途中で刻んだ長葱を加えます。
そこに肉団子を入れ、煮詰めながら全体にタレが絡まれば出来上がり~♪
仕上げに浅葱を散らして、彩りに…
いつもの黒酢風味や甘辛風味とは一味違った、アレンジバージョンになり
ました。

20100503-2

野菜たっぷりの柔らかい肉団子は、ハンバーグやロールキャベツを作った
時の副産物です…(笑)
1度に使う分ずつ小分けして包み、冷凍庫にストックしておくと何かと便利
ですね。
私は醤油少々を垂らした熱湯で茹でてから保存していますが、お若い方達
には揚げてボリュームアップしておいても♪


09:09  |  肉類が主菜  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。