11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

真鱈の磯の香風味パン粉焼き

2009.12.28 (Mon)

20091228-1

・真鱈の磯の香風味パン粉焼き
・隠元 胡麻ゆかり和え
・鳴門金時の柚子茶グラッセ
・桜海老と浅葱入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・生姜昆布
・花茗荷漬、プチトマト など


さぁ!今日を入れて、今年も残すところ4日です!
スーパーやデパートの食料品売り場は、クリスマス翌日には模様替えをされ、
『和』の雰囲気いっぱいのお正月準備モードに突入しましたね。
クリスマス→お正月の両方を律儀に楽しもうとする我々日本人は大忙し!
特に台所を預かる奥様方、本当にお疲れ様です。
毎年ついつい後回しになって、かなり押し迫ってから書いていた年賀状…
気合いを入れて自分用&クリニック用を早めに書き上げ、今年は24日の昼に
全て投函を済ませました!何年ぶりかの快挙なんですよ!
いや~、有森さん@マラソンの言葉をお借りすれば、『自分を褒めたい!』
という気分…『年賀状はお早めに』のCМやポスター等も、清々しい気分で
心安らかに眺められる今日この頃だったりして…?(笑)

今日の主菜は真鱈の焼き物です。
真鱈は丁寧に皮と骨を取り除き、食べやすい大きさに切り分けて塩胡椒を
振って下味を付けます。
全体に小麦粉を塗して卵にくぐらせ、たっぷりと青海苔を加えたパン粉を
塗します。
(ここまでを前夜に済ませておくと、パン粉がよく馴染みます)
フライパンに少し多めの油を熱し、こんがりと良い色がつくように真鱈の
両面を焼いて、出来上がりです。

20091228-2

冷めても固くなりにくい真鱈は、義母のお弁当の主菜にピッタリ!
青海苔の代わりにカレー粉や粉チーズを加えても、美味しく戴けますね。
今日は鳴門金時を柚子釜に入れて、ちょっとおめかしを…(笑)

今日が今年最後の更新となりました。
『おべんと仲間』の皆様…いつも温かなコメントを寄せて下さり、本当に
有難うございました。
お顔もお住まいの詳しい場所も存じ上げないのに、まるで『お隣さん』の
感覚でドアを開けて声をかけ合えるような…或いは仲良し姉妹のような…
そんな皆様とのお付き合いに日々励まされ、今年も無事にブログを続ける
ことが出来ました。
皆様にとりまして、迎える新しい年が健やかで幸多いものでありますよう、
心よりお祈り申し上げます。


どうぞ佳いお年を…
スポンサーサイト
09:52  |  魚介類が主菜  |  Comment(10)

車海老の大葉巻き天ぷら

2009.12.21 (Mon)

20091221-1

・車海老の大葉巻き天ぷら
・ほうれん草 なめ茸和え
・南瓜の柚子クリーミィサラダ
・卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・胡麻昆布
・刻みすぐき漬、プチトマト など


今年も残り10日…いよいよカウントダウンが始まりますね。
そして明日は、二十四節気のひとつ『冬至』です。
厳しい寒さを迎える時期にも拘わらず、この日を境として昼間の長さが
また延びていくので、太陽の力が蘇ると考えられ『一陽来復』という言葉
でも表わされます。
『冬至』には、風邪をひかずに冬を乗り切ろう…という意味から、南瓜の
煮物を食べたり柚子湯に入ったりする風習がありますね。
更に、地方によっては蒟蒻を食べる(新年を前にして体内の砂を祓う)・
小豆粥や小豆団子を食べる(小豆の赤い色は魔を祓う力があるとされる)
・『ん』のつく物を食べる(南京・蓮根・人参・銀杏・金柑・寒天など『ん』の
音が重なる物で運を呼ぶ)…などの風習もあるそうですよ。
皆様がお住まいの地域で冬至の独特な風習がありましたら、是非私にも
教えて下さいね。

今日は、車海老の天ぷらを主菜にしました。
鹿児島から新鮮な活車海老が20尾も届いたので、天ぷらにして義母にも
お裾分け…です。
新鮮なだけに跳ね回るパワーたるや凄いものがありましたが、美味しい
誘惑には勝てませ~ん♪下拵えも鼻歌混じりで~す♪(笑)
海老は頭を取って殻を剥き、背腸を丁寧に取り除きます。
腹側に少し斜めに包丁で切れ目を入れ、火を通した時に曲がらないよう
下拵えしておきます。
身に大葉をくるりと巻いて薄く小麦粉を塗してから、かおり粉(青紫蘇を
乾燥させて粉にした物)を加えた天ぷら衣にくぐらせます。
熱した油でカラッと揚げれば、出来上がり~♪
今回は『かおり粉』を衣に加えていますが、入れなくても、或いは胡麻
などに替えても美味しく召し上がれます。
明日の冬至に因み、南瓜のサラダには細かく刻んだ柚子の皮を混ぜて
香り良く仕上げました。

20091221-2

ほんのり甘い海老と、爽やかな大葉は相性抜群!
海老の紅白と大葉の緑で、これも何処となくクリスマスカラーかな?
ということで、おとぼけサンタ&雪だるまピックの登場です!(笑)

20091221-3

義姉が『お風呂に入れてね♪』と、庭で採れた柚子をお裾分けしてくれま
した。少し小ぶりですが、とても良い香りです。
まさに無農薬!ノーワックス!
今日の南瓜のサラダに使ったのも、この柚子なんですよ~♪


それでは皆様、どうぞ楽しいクリスマスを…


09:15  |  揚げ物が主菜  |  Comment(10)

肉団子の彩り黒酢風味

2009.12.14 (Mon)

20091214-1

・肉団子の彩り黒酢風味
・アスパラガス 胡麻和え
・五菜ひじき煮
・しらすと三つ葉入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・お多福豆
・辛子高菜漬、プチトマト など


師走も半ばを迎えようとしています。
年賀状書き、大掃除…皆様は予定通りに進んでいらっしゃいますか?
我が家は昨日、義母宅のガラス拭きを済ませてきました。
本当は次の日曜(20日)にやりたいと思っていたのですが、その日は主人が
休日診療当番になった上に、息子が大学のゼミの冬合宿で箱根に出掛けて
しまう…というダブルパンチ!
という訳で、予定を1週間早めて決行(笑)したのです。
義母宅は古い日本家屋で、南向きの部屋や廊下に面した部分は総てガラス戸!
しかも1枚1枚が大きいので、とても私ひとりでは短時間で拭けません。
毎年のことですが、何枚もの大きなガラスを3人で協力しながら次々拭いて
いくと、『あぁ、そろそろ今年も終わりに近くなってきたなぁ』と実感します。
それにしても、息子のゼミ!こんな年の瀬に箱根のホテルで合宿とは羨ま
しいぞ!
1泊旅行なので、勉強はそこそこに『忘年会』が主目的だったりして?(笑)
勿論、教授もいらっしゃるとのことで、毎年、とても楽しい冬合宿になるのだ
そうです。
いいな~♪温泉につかって、美味しいご飯とお酒でア~コリャコリャ~♪
教授~!こっそり私も連れて行って下さいな~!(笑)

今日の主菜は、肉団子の彩り黒酢風味です。
いつものように、ハンバーグを作った時に種を取り分けて丸め、茹でて冷凍
しておいた物を使いました。
我が家の肉団子は刻んだ生の玉葱をたっぷり加えますが、茸類が美味しい
時期には、椎茸も同じぐらいの量を入れて練ります。
肉団子は前夜のうちに冷蔵庫へ下ろして自然解凍、朝、レンジで軽く温めて
おきます。
黒酢大匙3・醤油と蜂蜜各大匙1・片栗粉少々を混ぜたタレを鍋に入れて
熱し、肉団子も加えて、煮詰めながら絡めていきます。
パプリカの小さな3色ハートやスナップ豌豆の豆を、彩りに添えました。

20091214-2


義母でも食べやすい、野菜たっぷりの柔らかな肉団子…
色々な味付けにアレンジが出来るので、お弁当の強い味方です。

20091214-3

出た!恒例・主人の大人買い!大好物の富有柿でございます。
今年は岐阜の富有柿が素晴らしい出来栄えだったとかで、糸貫の富有柿
である『おふくろ柿』を、何と箱ごと買ってきた主人…(笑)
この『おふくろ柿』は8月中旬、ひとつひとつに紙袋をかぶせて、枝に
つけたまま樹上で完熟させ、収穫するのだとか。
湿度の高い袋の中と夜の冷え込みとの差が大きいことで、格別の甘さに
なって、全体が満遍なく鮮やかな赤に色づいているんですよ~♪

20091214-4

左が一般的な富有柿、右が糸貫の富有柿『おふくろ柿』です。
因みに直径を測ってみたら、10cm以上もありました!


08:06  |  肉類が主菜  |  Comment(9)

かじき鮪の香味だれ漬

2009.12.07 (Mon)

20091207-1

・かじき鮪の香味だれ漬
・隠元 ゆかり和え 
・南瓜の煮物
・卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・野菜昆布
・赤かぶら漬、プチトマト など


最近、女性車掌さんが乗務するJR線に、何度か乗る機会を得ました。
実はワタクシ、子供の頃は『ブラレール』を組み立てて遊ぶのが大好きで、
車掌さんの仕事にも昔から興味津々!
電車が大好きな子供(大人も?)だと、先頭車両の運転室を覗けるガラスに
ピタッと張り付いて中を眺めていますが、私は反対に、最後尾のガラスに
張り付いては、車掌さんの様子をウオッチングしておりまして…(笑)
我が家の最寄り駅では車掌さんの乗務の交代がよくあり、電車を待つ時に
最後尾車両近くにいると、その交代風景もじっくり眺めることが出来ます。
特に、これから自分が乗る電車の車掌さんを女性が務めると判った時には、
『今日はラッキー!』と心の中で小躍り状態なんですよ~♪
制服・制帽をキリッと着こなし、七つ道具入りの大きな鞄を持った女性車掌
さん…その凛々しい姿に遭遇出来るチャンスは、少しずつ増えているよう
ですね。
数日前に乗った電車の女性車掌さんは、ショートカットに薄化粧でしたが、
耳に目立たないデザインの小さなピアスをされていました。そして、鞄と
一緒に持っていた巾着袋は、何とも可愛いイチゴ柄ではありませんか~♪
目的地の駅まで、チラチラとお仕事ぶりを拝見…てきぱきとした動作の中
にも何処か女性らしさが漂い、耳に心地よい大きさと落ち着いたトーンの
車内アナウンスには、とても良い印象を受けました。
朝夕のラッシュアワーや様々なアクシデントによる遅延の時でも、こんな
女性車掌さんが乗務していたら、乗客のイライラが少しは和らぐかしら?
これからも、女性ならではの視点や細やかな心遣いを生かして、益々活躍
して戴きたいものです。

今日は、かじき鮪の揚げ物が主菜です。香味だれに漬け込んで、冷めても
美味しく食べられるように仕上げました。
かじき鮪はは食べやすい大きさに切り分け、醤油と酒少々を振って下味を
つけます。
醤油大匙4・蜂蜜と酢を各大匙2・微塵切りの生姜・葱・大葉を適量ずつ
合わせて、香味だれを作っておきます。
かじき鮪の水気を拭き、小麦粉を塗して、熱した油でカラッと揚げます。
揚げたてを香味だれに漬け、暫く味を馴染ませれば出来あがり~♪
たれにたっぷりと薬味野菜を入れておくので、後味が爽やかです。
彩りに、浅葱と金胡麻を振りかけて…
かじき鮪以外に、真鱈や真鯵、鶏肉や豚肉に替えてもOKです。

20091207-2

私はしっかり油で揚げてから漬け込んでいますが、揚げ焼きで作っても
大丈夫♪
淡白でパサつきがちな魚も、小麦粉の衣+香味だれでガードしておくと、
冷めてもグッと食べ易くなります。





10:00  |  魚介類が主菜  |  Comment(7)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。