07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

豚肉の梅大葉巻き竜田揚げ

2009.08.31 (Mon)

20090831-1

・豚肉の梅大葉巻き竜田揚げ
・ほうれん草 胡麻和え
・南瓜のカレー風味サラダ
・卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・野菜昆布
・辛子高菜漬、プチトマト など


8月最終日…明日から9月です!
それなりに暑い日もありましたが、一昨年や昨年に比べれば過ごしやす
かったような気も…東京では『体温と殆ど同じ?!』というような酷暑日が
無かったのも、そう感じる一因なのでしょうね。
今日は31日、語呂合わせをすると『野菜の日』です。
四季がある日本に住んでいる私達は、季節ごとに色々な野菜の旬を迎え、
味や香りや歯応えを楽しめるのが嬉しいですね。
我が家は麺類(素麺・うどん・蕎麦)を朝食で食べる時に、よく天ぷらを揚げ
ますが、桜海老と玉葱のかき揚げ+その季節に美味しい野菜を何品か…
という感じで組み合わせています。
春は山菜や蚕豆、夏は茄子やオクラ、秋は茸や薩摩芋、冬は蓮根や南瓜
などを使うことが多いでしょうか。
前夜のうちに粉を量って冷やしたり、薬味を刻んだりしておけば、『朝から
天ぷら』も、それほど大変ではないんですよ。
明日の朝ご飯は冷たい讃岐うどんの予定…さ~て、何の野菜を揚げよう
かな?(笑)

今日は、豚肉梅大葉巻きを揚げた物を主菜にしました。
豚薄切り肉2枚を少し重なるように並べ、軽く塩胡椒してから大葉数枚と
梅肉を置き、端からクルクルと巻きます。
(私は1つのロールに対して、6枚の大葉を使っています)
醤油・酒・味醂各大匙1を合わせたタレに暫く浸し、余分な水気を拭って
から、片栗粉と上新粉を同量ずつ合わせた衣を塗します。
熱した油でカラッと揚げ、食べやすい長さに切れば出来上がりです。

20090831-2

しっかり味をつけた、冷めても美味しい竜田揚げ♪
大葉をたっぷりと使うのがポイントです。

スポンサーサイト
09:37  |  揚げ物が主菜  |  Comment(10)

肉団子の山椒風味照り焼き

2009.08.24 (Mon)

090824-1

・肉団子の山椒風味照り焼き
・鳴門金時の黒胡麻天ぷら
・牛蒡と人参のきんぴら
・しらすと三つ葉入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・お多福豆
・刻み柴漬、プチトマト など


あと1週間で、夏休みも終わり…お子さん達の『宿題』は順調に仕上がって
いるでしょうか?(笑)
以前も書きましたが、義母宅の近くには区立小学校があり、私はお弁当を
届けた帰りに、その校庭の横の道路を通ります。
この夏休み中もプールで水泳指導を受ける子供達の賑やかな歓声が聞こ
えていましたが、校庭ではある異変が!
掘削機が何台も入っていて、校庭をあちこち掘り起こしているではあーりま
せんか。
校門に近づき工事計画の看板を見てみると、そこには『校庭の芝生化』と
いう文字がありました。おぉ、ワンダフル~♪♪
2学期からは、休み時間に子供達が裸足で駆け回ったり、ごろーんと寝転
んだり、座ってお喋りしたり出来るようになるんですね。
これは同時に、東京都のヒートアイランド防止策のひとつでもあるのだとか。
ダスト舗装(石灰岩砕石粉による舗装)と芝生の校庭では、真夏だと約8度
もの差が生じるそうですよ。
9月半ばには完成するとのこと、私も子供達の様子がどんな風に変わるか、
また楽しみに眺めてみたいと思っています。

今日の主菜は、肉団子です。ハンバーグ種を取り分けて作っているもので、
刻んだ椎茸と玉葱が沢山入っています。
食べ易い大きさに丸めた肉団子は醤油少々を垂らしたお湯で茹でて、冷ま
してから冷凍保存しておきます。
前夜のうちに冷蔵庫へ下ろし、朝、軽くレンジにかけて温めます。
フライパンに醤油・酒・味醂各大匙1、蜂蜜小匙1、片栗粉少々を合わせた
タレを熱し、肉団子を入れて絡めます。
仕上げに、たっぷりと粉山椒を振りかければ出来上がり~♪
今日は梅菜飯を俵型に抜いて、梅肉を少しずつトッピングしました。

090824-2

いつもの甘辛味に、今日は粉山椒をプラスして…
ピリッと香る、美味しいアクセントです。

20090824-3

私が愛用しているのは、S&Bのミル入り粉山椒。
実の状態で入っているので、使う度に挽きたての香りを楽しめます。




08:14  |  肉類が主菜  |  Comment(9)

帆立の松の葉昆布風味揚げ

2009.08.17 (Mon)

20090817-1


・帆立の松の葉昆布風味揚げ
・アスパラガス 酢味噌和え
・南瓜の煮物
・蟹と浅葱入り卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・しらすの佃煮
・花茗荷漬、プチトマト など


お盆休みも終わり、今日から通常モードですね。
台風の接近あり、地震あり…で、ヒヤヒヤさせられたお盆休みではありま
したが、我が家は今年も、主人と息子が無事に恒例の富士山登頂を果た
してきました。
我が家は中央線沿線なので割と出掛けやすい…ということもありますが、
今回で6度目の登頂です。
最近は携帯電話のアンテナが整備され、登山道や頂上付近から綺麗な
音声で会話が出来るようになりました。ご来光の画像もオンタイムで届く
ので、留守番の私も同時に喜びを分かち合えて嬉しいんですよ。

 『今、ご来光を拝んだから、画像を送るね!』

元気な声の電話から程なく届いたメールには、今年も美しいご来光写真が
添付されていました。2人が無事に登頂したのを確認出来て、私もホッ…と
心和む瞬間です。
普段は特に信心深くなくとも、このご来光を拝んだ瞬間は思わず手を合わ
せて涙ぐむ人が多いのだとか…
因みに、我が家の2人は下山して5合目のレストハウスで『こけもも風味の
ソフトクリーム』を食べ、帰りの特急に乗った途端に缶ビールで乾杯してしま
うのですから、下界の人間に戻るのが早過ぎですっ!まだまだ修行が足り
ませんぞっ!←1度も登ったことが無いくせに、何故か偉そうな私…(笑)

今日は帆立を使った揚げ物を主菜にしました。
刺身用の帆立は粗く刻んだ後、包丁の背で叩いて粘りを出します。
細かく刻んだ松の葉昆布・三つ葉・少量の片栗粉を加え、よく練っておき
ます。
海苔を2枚重ねた上にタネを置いて伸ばし、端からクルクルと巻きます。
全体に薄く小麦粉を塗して、醤油少々を加えた天ぷら衣にくぐらせたら、
熱した油でカラッと揚げます。
食べ易い長さに切り分けて、出来上がり~♪

20090817-2


帆立の甘味、昆布の旨味、三つ葉と海苔の香り…
ちょっと大人っぽい雰囲気の揚げ物になりました。

20090812

8月12日(水)朝4時59分、息子が携帯カメラで撮影したご来光。
雲海の彼方に昇り始めた太陽…大きなパワーを感じます!







09:15  |  揚げ物が主菜  |  Comment(8)

牛肉の大葉&胡麻巻き照焼き

2009.08.10 (Mon)

20090810-1

・牛肉の大葉&胡麻巻き照焼き
・宝楽ししとうのじゃこ炒め
・海老と椎茸の香草風味サラダ
・明太子と浅葱入り卵焼き
・絹さやと人参 塩茹で
・お多福豆
・赤かぶら漬、プチトマト など


『お盆休み』ウイーク、皆様どのようにお過ごしでしょうか?
ETCの割引により、高速道路は激しい混雑だとか…サービスエリアでも、
まず車を停めることに一苦労らしいですね。
その分、鉄道やフェリーは少し客足が遠のいているそうで、バランス良く
両方が混むという訳には、なかなかいかないようです…(笑)
いずれにしても、お出掛けの際には事故やお怪我の無いよう、くれぐれも
お気をつけて…

今日は、10日で『ハートの日』!←出た、久々の語呂合わせ!
ということで、ハート満載のお弁当にしてありまーす!(笑)
主菜は牛肉の巻き巻き系で…
牛薄切り肉は塩胡椒し、軽く擂った金胡麻を一面に振りかけます。
(胡麻をジッパー付きの袋に入れて、擂粉木を上から少し強めに転がすと
簡単に粗い擂り胡麻が作れます)
大葉を多めに敷いて(牛肉1枚に対して、6枚ほど使っています)、端から
クルクルと巻き、全体に小麦粉少々を塗します。
油少々を熱したフライパンで巻き終わりを下に焼き始め、全体に焼き色を
つけた後、酒少々を振って蒸し焼きにします。
フライパンの中を綺麗に拭いて、醤油・味醂・酒各大匙1と蜂蜜小匙1に
片栗粉少々を合わせたタレを回しかけ、煮詰めながら照りを出します。
仕上げにもう1度、金胡麻をパラパラと散らせば出来上がり~♪
愛知県産の宝楽ししとうは、京都『はれま』さんのちりめん山椒と一緒に
炒めました。
辛みが無くて柔らかい宝楽ししとうは、義母にも安心して食べてもらえる
ので、とても重宝しています。

20090810-2


大葉と胡麻の風味がフワッと香る巻き巻き系。
白いご飯との相性も、バッチリでございます…(笑)


09:15  |  肉類が主菜  |  Comment(9)

かじき鮪の茗荷味噌風味揚げ

2009.08.01 (Sat)

20090803-1

・かじき鮪の茗荷味噌風味揚げ
・隠元のゆかり和え
・牛蒡と人参のきんぴら
・桜海老と浅葱入り卵焼き
・絹さや塩茹で&人参甘煮
・野菜昆布
・辛子高菜漬、プチトマト など


先日、JRの最寄駅へ行くと、親子連れが沢山いて賑やかな雰囲気!
『?』と思いながら子供の手元を見ると、何やら皆が同じスタンプ帳を
持っている様子で…
そう、夏休み恒例・あるキャラクターのスタンプラリーに参加している
何組もの親子連れだったのでした。
電車を乗り降りし、幾つかの駅に設置されているスタンプを押しながら
ゴールを目指す期待感で、子供達はピッカピカに輝く笑顔♪
そして輝く笑顔の集団がもうひとつ…それは、駅員さんの業務実習に
来ていた高校生達です。
左腕に着けた腕章に、『運輸科』を持つ私立高校の名が記されており、
スタンプ台へと誘導するプラカードを掲げたり、案内したり、キビキビと
した動きで実習をこなしていました。
昔は、改札口で乗客の切符にパチパチと一定のリズムで生真面目に
鋏を入れる彼らと、その人独特のリズムを刻みながら鋏を入れる本物
の駅員さんの対比を、微笑ましく眺めたものです。
自動改札になってしまった今は、その風景を見ることが出来なくて少し
残念なのですが…(笑)
実習生の皆さん!本物の駅員さんになった姿を拝見出来るよう、私も
楽しみに待っていますよ~!

今日は、夏の香りを楽しむ揚げ物を主菜にしました。
素麺や冷奴等の薬味として使う『茗荷』…我が家も夏の間は欠かさず
用意しておく野菜のひとつです。
その茗荷を刻んで味噌と混ぜ、味付けに使いました。
かじき鮪は食べ易い大きさにして、身に切れ目を入れておきます。
味噌大匙2・味醂大匙1・刻んだ茗荷1本分を混ぜて作った茗荷味噌を
適量切れ目に挟み、海苔の帯で十字に留めて、小麦粉を軽く塗します。
天麩羅衣にくぐらせ、熱した油でカラッと揚げれば出来あがり~♪
今回はかじき鮪を使いましたが、ささみや豚肉でも美味しく作れます。

20090803-2


熱々は勿論のこと、茗荷味噌の風味が効いているので、冷めても
美味しく戴けます。晩酌のアテにも、是非どうぞ!(笑)
23:11  |  揚げ物が主菜  |  Comment(8)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。